海の暮らし・山の暮らし

  1. TOP
  2. 暮らし
  3. 海の暮らし・山の暮らし

海も山も楽しめる
「リラックスサーフタウン日向」

日向市の海側には、全国有数のサーフスポットで、朝日がのぼる美しい砂浜が広がる「お倉ヶ浜」や、
太平洋がパノラマで見渡せる「日向岬」、古代から続くパワースポットである「大御神社」などの名所があります。
山側には冠岳から尾鈴山麓に連なる壮大な山々があり、耳川水系や小丸川水系などの清らかな河川が流れています。
家族でもひとりでも楽しめる牧水公園や、山桜やつつじ、紅葉など四季折々に楽しめる自然が、
日向に住む人たちの暮らしを彩っています。

日豊海岸国定公園の南端に位置する日向市には、港町であり水産業の拠点となっている細島地区、「日本の渚百選」にも選ばれている「お倉ヶ浜」や「金ヶ浜」を有する平岩地区、廻船問屋などで栄えた古い歴史を持つ港町であり、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている美々津立縫地区など、それぞれに違う個性を持った魅力あるエリアがあります。

海の魅力

海暮らしの魅力は、なんといっても「日向灘の雄大な景色」と「美しい朝焼け」です。それぞれの地区から見える景色にも違いがあり、ピンク色をした美しい朝焼けは、見た人誰もが胸を打たれます。
「海の味覚」も魅力のひとつ。耳川水系の豊かな山の恵みを受けて育った「細島イワガキ」は、一般的なイワガキに比べてミネラル分が豊富で、身も大きいため食べ応えもあります。また、岸壁や海岸沿いでは釣りを楽しむ方も多く、1年を通して海の魅力を満喫できます。

リラックス・サーフタウン日向

日向市は、日本でも有数のサーフスポットとしても知られています。「日本の渚百選」にも選ばれている「お倉ヶ浜」は、全長4kmにわたる美しいビーチがあり、世界大会が開かれるほど波のコンディションがよく、年間を通して、レベルに応じたライディングが楽します。
また、早くからサーフィンが盛んであった「金ヶ浜」周辺には、カフェやゲストハウス、民宿などが建ち並び、新たな観光スポットとしても注目を浴びているエリアです。
サーフスポットに隣接したビーチハウスには、広い駐車スペースや温水シャワー、ロッカーなどの設備が整っており、県内外から多くのサーファーが訪れています。
海沿いの地区ではその他にも、「環境省の快水浴場百選」に選ばれている「伊勢ヶ浜」や、ラグビー日本代表が必勝祈願に訪れた「大御神社」や「日知屋城跡」、日向市の観光スポットである「馬ヶ背」や「日向岬グリーンパーク」などといった、観光資源も多くあります。

山間部にある東郷町は、国民的歌人「若山牧水」生誕の地であり、耳川支流の坪谷川周辺には、田園風景が広がっています。また、「若山牧水生家」や「若山牧水記念文学館」、テニスコートやコテージなどを備えた「牧水公園」が整備されており、市民の憩いの場にもなっています。

尾鈴山麓に連なる「冠岳(標高438m)」は、東郷地区のシンボルであり、春には山桜が咲き、秋には紅葉が楽しめる場所として、市内外からたくさんの愛好者が訪れ、登山を楽しんでいます。

山の魅力

山暮らしでは、多くの「山の味覚」を堪能できます。春には、タラの芽・ツワブキ・タケノコなどの山菜、秋には栗や柿などが採れ、季節を通じて山の恵みが味わえます。川では、ヤマメや鮎のほか、地元住民が愛してやまない山太郎ガニなどが採れ、さらに狩猟時期には、猪鍋や鹿刺しなど山暮らしならではの味覚を楽しむことができます。
また、夏には坪谷川や美々津の石並川などで川遊びや魚釣りができ、多くの家族が自然に囲まれた暮らしをしています。

山の祭り

東郷地区や塩見地区に祀られている神社では、10月から11月にかけて無形民俗文化財にも指定されている「神楽」や「臼太鼓踊り」が奉納されています。
福瀬地区では、「こども神楽」の伝統を守り続けており、子ども達が集落のお年寄りから神楽を指導してもらう姿が見られます。